スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MM9-invasion-

MM9-invasion-
宇宙怪獣、襲来。
気象庁特異生物対策部
気特待に打つ手は?



A300_.jpg
MM9は山本弘によるサイエンス・フィクション小説作品

本作品の舞台となっているのは、現実の地球によく似ているが、
いわゆる「怪獣」が実在し、その被害が自然災害として気象庁の災害対策の管轄になっているという世界である。

「怪獣災害」には普通の人間が対処しなければならない。
そのため主役となるのは気象庁の職員であり、その仕事内容は変身して直接怪獣と戦うのではなく、
怪獣の早期発見と能力や行動の分析が主軸となっているのも特徴である
実際に怪獣と戦うのは自衛隊であり、後述の「気特対」のアドバイスのもとに作戦活動をすることとなっている。

一方、『MM9-invasion-』では、ヒメ(人間サイズから40mまで巨大化できる少女型怪獣)に精神生命体ジェミーが憑依することで、彼女が戦いの中心となる。


面白いのがこの作品の中で
なぜ怪獣は巨大なのか?
なぜウルトラマンのような宇宙人は、
宇宙船も使わずに惑星感を移動でき、
ビームなどの特殊能力が使えるのか?
※この作品にはウルトラマンは出てきません。
なせ妖怪などのもののけは人を襲うのか?
以上の謎を論理的に解説している点。
常識を疑うことで見えてくる
真実もあるということを見事に示している。


クライマックスの皇居前で繰り広げられる陸上自衛隊と宇宙怪獣との死闘は鳥肌ものです。
興味のある方は、ぜひ読んでみてください。






















スポンサーサイト

タナカワークス【P220 9mmけん銃】

陸上自衛隊採用同モデル
タナカワークス【P220 9mmけん銃】

完全解説!!

89-11.jpg

タナカワークスのモデルガン、【P220】を見てみよう。実銃のほうは、晴れて1982年に正式採用となった【SIG SAUER P220】。日本での別名は【ミネベア9mm自動けん銃】だ。おっと、どうしてそんな名前がついたのかというと、シグ・ザウエルからライセンスを取って、日本のミネベア社がライセンス生産しているため。かつての銘銃、【P210】の高い命中精度を受け継ぎつつ、耐久性とコストダウンに成功したモデルである。

89-10.jpg
タナカワークス【P220 9mmけん銃】


 しかし、この銃にも弱点がある。【P220】はマガジンを抜くときに、マガジン下のマガジンキャッチを操作しないと抜けない仕組みになっている。つまり、マガジン交換に両手が必要なのだ。また、装弾数は8発のまま。現代のオートがほとんど10発ぐらい装填できるのに対して、少々心もとない。これに対して、【P220】を改良した【P226】は15連発だ。【P220】は以上のような弱点があるが、逆に言うと弾丸装填数が少ないため、それだけ軽いともいえる。
 
さて、今回紹介したこれはモデルガンであり、BB弾の発射機能はついてない。同社タナカワークスでは、もちろんガスガンバージョンも発売している。こいつの快調なブローバックとプロップガンのような派手な発火音、安定した作動は、とても5mmキャップ火薬を使用しているとは思えないほどだ。難を言えば、前述した【P220】の特徴であるバレルのロッキングがないことだが、撃って遊ぶということを優先させれば、そんなことまで気を回す人は、ねぇ!


89-12.jpg






















東京マルイ【89式 5.56mm電動小銃】

東京マルイ【89式 5.56mm電動小銃】
完全解説!!
89-7.jpg
89-8.jpg

 さて、今回は東京マルイの自信作、【89式小銃】だ。複雑な【89式】のディティールだが、さすが東京マルイ。細かいところまで再現されている。単発や連射を切り替えるセレクターレバーも【89式】独自のものが使われている。ア(安全)・タ(単発)・レ(連射)・3(3点バースト)、と刻印されているセレクターは、そのものずばり験を担ぐ意味合いで「アタレセレクター」と呼ばれている。しかし、これが賛否両論なセレクターで、いろいろ不都合もあるといわれている。このセレクター、「ア」から反時計回りに、レ→3→タと並んでいる。問題は、「ア」から時計回りに回して、直接「タ」に移行できないこと。つまり、安全装置を解除したらすぐに単発で撃てずに、セレクターが連射に行ってしまうのだ。実銃の装弾数は30発。引き金を引いているうちにあっという間に弾が尽きてしまう。それに、反動で激しくぶれる銃口は狙いを定めにくい。ただ、エアガンとなると全く話は別で、反動を考えないで済む分、銃身のコントロールに支障が出ない。
 実銃は技術大国日本にふさわしい丁寧な造りの高性能小銃。東京マルイの【89式】も、グリップ、ストックなど、実際に肌に当たる部分のフィット感は、ほかの洋物ライフルでは絶対味わえないほどいい。日本人ならぜひお試しあれ。


89-9.jpg
アタレセレクター



















陸上自衛隊が電動小銃で戦闘訓練!?

陸上自衛隊が電動小銃で戦闘訓練!?

陸自の訓練用小銃を使って疑似戦闘体験
in 坂出市屋内サバイバルプレー場『トイズプランナーノア』

89-1.jpg
東京マルイ【89式 5.56mm電動小銃】
89-2.jpg
本物の陸上自衛隊員と本物の【89式 5.56mm小銃】

陸自も行う【89式 電動小銃】での市街戦戦闘訓練を屋内サバイバルゲーム場で疑似体験!!

 今回のテーマは、東京マルイが陸上自衛隊のライフル【89式小銃】に似せて作った電動小銃である。この小銃はBB弾といわれるプラスチック製の玉を飛ばして遊ぶ玩具で、主にサバイバルゲームなどに用いられる。「なぜこのコーナでおもちゃを?」と疑問に思う読者もいるかもしれない。実はこの小銃は自衛隊の訓練用に正式採用されているのだ。陸自ではこの小銃のことを【閉所戦闘訓練用教材】という。「閉所」という言葉が示す通り、市街戦などでの屋内の狭い場所での戦闘訓練に用いられるのだ。
 これまでの陸自の戦闘訓練といえば、戦車や大砲を使い敵の上陸部隊を掃討する訓練が主であった。しかし、近年のテロ・工作員の事件が頻発する情勢の中、敵が街中に立てこもる事件なども十分に想定される。そこで市街戦の戦闘訓練が必要となってきたわけだが、接近戦での訓練は、建物や構造物との接触など今まで以上に装備品に負担がかかる。そこで東京マルイの【89式電動小銃】に訓練用教材として白羽の矢が立ったのである。もはやこれはおもちゃなどではなく、戦闘のプロを養成する立派な自衛隊の装備なのだ。
 今回は、東京マルイの【89式電動小銃】を使った戦闘訓練を坂出市の『トイズプランナーノア』の屋内サバイバルプレー場にて疑似戦闘体験を行ってきた。
 実際に、4キロ近くある小銃を抱えながらの戦闘は予想以上に体力を奪う。また、狭い室内で1メートル近くもある小銃を取り回すのは大変神経のいる仕事だ。本物の自衛隊隊員はこんな過酷な状況の中で戦闘訓練を繰り替えしているのかと思うと、頭の下がる思いであった。


89-3.jpg
白熱の銃撃戦が行われた『トイズプランナーノア』屋内サバイバルプレー場

89-4.jpg
▲テロリストたちは実戦さながらに、物影に隠れ組織的に攻撃を行ってくる。

89-5.jpg
▲闇に潜む敵…この恐怖にうち勝たないと市街戦で勝利することはできない。

89-6.jpg
▲狭い場所で【89式小銃】を取り回し素早く行動するには大変な神経がいる。


























大和ミュージアム【後編】

YAMATO MUSEUM 
大和ミュージアム
呉市海事歴史科学館


【大和】から【ヤマト】へ…
それは確かなメッセージ


yama8.jpg
特殊潜航艇(後期量産型)海龍〈かいりゅう〉
【海龍】は世界初の有翼潜航艇で、水中をまるで飛行機のように進むことができた。呉海軍工廠で研究・開発され、後期量産期型には特攻兵器として【海龍】自体に爆弾が搭載された。

yama9.jpg
人間魚雷(十型)回天〈かいてん〉
 【回天】には一型・二型・四型・十型などがあり、実戦投入されたのは【九三式酸素魚雷】を用いた一型で、約420基が製造された。

yama10.jpg
大和級の主砲弾
【大和】の主砲弾は大きい物で全長1.98m、重さ1.46t。これを押し出すための火薬の量は330kgにも及んだ。
yama11.jpg
零式艦上戦闘機 62型
 1940年に海軍の制式機として採用された【零式艦上戦闘機】はその運動性、装備、航続距離において世界最強の戦闘機であった。
yama13.jpg
yama12.jpg
 「未来へ」のコーナーに展示してある『宇宙戦艦ヤマト』と、そのキャラクターの「アナライザー」。ヤマトに夢とロマンを託した名作で、今でも根強い人気の作品である。

 もちろん、このミュージアムには【大和】以外にも数多くの貴重な品々が展示してある。
 中でも大型資料展示室では太平洋戦争で使われた兵器が展示されている。特に、全長17・2mとさほど大きくない船体にもかかわらず、2発の魚雷を発射できた日本海軍の特殊潜航艇【海龍】の量産後期型や、人間が乗り込み操作する魚雷【回天】、そして一時は世界最強といわれた、日本海軍を代表する戦闘機【零式艦上戦闘機】など本物がズラリと並んでいる。
 また、人間の身の丈以上の大きさはあろうかという【大和】の主砲の砲弾は見る者のド肝を抜く。こんな巨大な鉄の塊で砲撃したのだから、その破壊力がすさまじかったのも当然である。しかも敵艦艇を狙う【九一式徹甲弾】や航空機を狙った【三式焼霰弾】など、敵によって砲弾の種類を変えて戦っていたのには驚かされるばかりだ。
 どれも素晴らしい技術力で造られた物ばかりである。しかし、【回天】をはじめとするこれらの兵器は【大和】も含め、特攻兵器としての運命を歩むこととなる…。立派に造られているだけに、展示品に携わった多くの人々の思いを考えると、改めて平和の大切さを考えさせられるものであった。
 このほかにも、戦艦【金剛】のボイラー室を再現した展示や、現在の【大和】がどのような状態かを潜水艇で調査した様子を展示しているコーナーなど、どれも興味深い物ばかりである。
 そして、最後の展示コーナー「未来へ」では、名誉館長の一人である松本零士氏の作品が紹介されている。特に代表作である『宇宙戦艦ヤマト』は、かつての戦艦【大和】が、未来の人類の危機に宇宙戦艦としてよみがえり人々を救うというSF作品で、このミュージアムの最後を飾るにふさわしい展示品であった。
 戦争は技術の向上もあるかもしれないが、大きな悲劇も生む。しかし人間は戦争以外でも、夢を見る力でも向上することができる。このミュージアムではそのことをメッセージとして未来に発信しているのである。






















戦闘地域区画

プロフィール

ミリタリーパラダイス

Author:ミリタリーパラダイス
●性別:男
●職業:コマンダー
●好きなもの:F-2
●資格;戦闘員検定2級合格

作戦時間確認
砕け散るまで戦え!
作戦遂行記録
お好きな作戦を選んでください
戦うならこれで決めろ!
ミリタリーパンツ
ミリタリーアイテム
MM9 1
【送料無料】MM9

【送料無料】MM9
価格:1,680円(税込、送料別)

MM9 2
【送料無料】MM9(invasion)

【送料無料】MM9(invasion)
価格:1,785円(税込、送料別)

戦闘用グローブ
最強のランドセル
良い兵士になりたければ本を読め
一家に一丁
男達の物語
働くとは戦うこと
戦歴
検索フォーム
リンク
いざという時のために
戦闘地域区画
ミリメシ
MM9 DVD
【送料無料】MM9 DVD-BOX 1(仮) 【初回生産限定】

【送料無料】MM9 DVD-BOX 1(仮) 【初回生産限定】
価格:15,120円(税込、送料別)

陸上自衛隊 P220
航空自衛隊 F-2
航空自衛隊 F-35
自衛隊ウィンドブレーカー
傷つかないダイヤを手に入れろ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

自衛隊員の方に幸せを
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。